アドセンス

コンサル生がゼロから1ヶ月でアドセンス審査に合格できた理由

アドセンス合格
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。

先日ですが、嬉しいことがありました。

それは、コンサルメンバーの郡山さんがアドセンスの審査に1発合格したこと。

アドセンスの審査は年々厳しくなってきていますが、しっかり”Googleの意図”を考えて記事を書いていけば、今からでも全然受かりますね。

コミュニティメンバーには僕なりのポイントをまとめたマニュアルをお渡ししているんですが、その通りにやればちゃんと合格できるんだ!と証明できたので良かったです。

岡田
岡田
アドセンスがあるとないとではマネタイズの幅が大きく変わってきますからね。

今までの傾向から推測するに、今後さらに審査が厳しくなっても不思議ではないので、今のうちに取得しておくに越したことはないです。

初心者でも1ヶ月でアドセンスの審査を通過した理由とは?

で、今回は僕が嬉しかったというのもあるんですが、それだけ伝えてもただの自己満記事。

今日のキーポイントは、郡山さんがアドセンスの審査に1発で合格できた理由です。

郡山さんは僕のコンサルを受けてからブログを立ち上げました。

すでにある程度記事が入っていたというわけではありません。

そんな中1ヶ月やそこらでアドセンスを取得できた理由。

それはもう、

コツコツ作業を継続したから。

これに尽きますね。

「いやいやそんなことかよ!」

と思うかもしれませんが、これかなり重要ですし、出来ない人めっちゃ多いです。

当たり前のことなんですが、価値ある記事を積み上げていくのが初心者が稼ぐための1番の近道。

極論ですが、いくら稼げるキーワードや案件を教えても1記事も書かなかったら稼げないので。

コツコツと継続すること=最速で成果を出すこと

で、郡山さんは開始1ヶ月でアドセンスに合格しましたが、実は以前教えていた方は、アドセンス取得までに3ヶ月もかかりました。

教えていた内容は同じですし、何なら郡山さんのほうが時間的余裕は無かったと思います。

ではなぜ郡山さんは1/3のスピードで成果を出せたのか。

勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、これも結局はコツコツ継続したからなんですよね。

仮に1日1記事しか更新できなくても、1ヶ月続ければ30記事になります。

毎日1時間だらだらテレビを見ていた時間を記事更新に充てれば、1ヶ月で30時間余分に捻出できます。

これ、例えば同じ条件で「1ヶ月に30記事更新」だとしても、前半の15日サボってしまったら後半の15日で30記事上げないといけないので、実質1日に2記事更新しないといけません。

毎日更新もしんどい人にそれはかなりキツイと思うので、まぁ頑張っても10記事更新ぐらいしか出来ないでしょう。

何が言いたいかというと、コツコツ継続することは最速で成果を出すことに繋がるということです。

「最速を目指すためにはガッツリまとまった作業をしないといけない」というイメージがあるかもしれませんし、それも一理ある。

ただ、「日々の細かい積み重ねはそれに匹敵するぐらい大きな結果を生む」ということは覚えておいてください。

岡田
岡田
“継続は力なり”とはよく言ったものですね。

毎日の積み重ねが大きな成果を生む!

まとめ
  • コツコツ継続することは最速で成果を出すことに繋がる
  • 日々の細かい積み重ねが大きな成果を生む

ちなみに僕も、一気に成果を出すというよりは毎日ちょっとずつでも積み重ねていくタイプです。

なので、集中力が無いとか、まとまった時間が取れないという方は、少しずつでもいいので“毎日”細かい作業を継続して、積み重ねでの大きな結果を目指してください。

この”毎日やる”ってのがけっこう肝です。

人は継続することで習慣化しますが、1度サボってしまうとそのままズルズル堕落してしまうので。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。