ブログ

ブログがオワコンじゃない3つの理由と稼ぎたい人がこれからやるべきこと

ブログ オワコン
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。

最近SNSで「ブログはオワコン」というのをよく目にします。

オワコン=終わったコンテンツ、つまり「ブログで稼ぐのはもう無理だ」っていう主張なのですが、僕はそうは思いません。

実際僕は現在ブログだけで生活していて、直近だとブログを起点としたビジネスで月収100万円を達成しました。

ただ、今まで通りのブログ運営だと厳しくなっているのも事実。

そこで、ブログがオワコンじゃない理由と、これからブログで稼ぐにはどうしていくべきかという僕の意見をまとめておきたいと思います。

ブログがオワコンじゃない理由

早速ブログがオワコンじゃない理由を挙げていきますが、僕がパッと思いついただけで大きく分けて3つありました。

Googleの市場が伸び続けている

ブログがオワコンじゃない理由、それはそもそもブログがプラットフォームとしているGoogleの市場が拡大し続けているからです。

「ブログはオワコン、じゃあ次は何をすればいいの?」という時の解決策として挙げられるYouTubeもGoogleが運営しているものですが、まだまだ企業はブログを使っていますし、Googleの検索結果で出てくるのもブログが主です。

テキストコンテンツのメリットも多い

確かに動画はこれから伸びていくと思いますし、すでに検索エンジンでも評価されていますが、主にテキストで構成されているブログにも動画には無いメリットがあります。

ブログのメリット
  • 情報を収集する際に音を発さない
  • 繰り返しピンポイントで復習できる
  • 読むのに容量を食わない

動画の場合は見る時に音声が流れるので、ある程度場所を選びます。

まぁイヤホンをすればいいんですが、それでも聞き取りにくい、自分のペースで聴けないなどの問題はありますし、音声とテキストでは受け取るニュアンスも異なります。

また、文章なら「流し見て必要な情報だけを読む」ということが出来ますが、動画はそれが難しい。

復習のため記事を読み直すというのも動画だと難しいので、そういったメリットもブログにはあります。

あとは単純に動画を再生しようと思うと(現状は)容量が重く通信制限がかかってしまう人も少なくないので、機会損失になるかなと思います。

ブログで稼ぐ本質を考えたらオワコンなわけがない

そしてすごく本質的なことを言うと、「ブログで稼ぐ」ということは、「悩んでいるユーザーを集客してきて、その悩みに答える」ということ。

これはビジネスの本質なので、仮にブログで稼げなくなったとしても、ブログで稼ぐスキルは決してオワコンではないんですよね。

ブログで稼ぐのが難しくなってきているのも確か

ただ、確かにひと昔前と比べると、ブログで稼ぐことの難易度は上がってきていると思います。

岡田
岡田
特にブログアフィリエイトではそれが顕著に出ているかなという感じですね。

僕はその旨味を経験せずにきましたが、自演リンクで上がった時代もあれば、PPCで広告出しとけば稼げた時代もあると聞きます。

岡田
岡田
最近だとVODがめちゃくちゃ甘くて、僕もそれでけっこう稼がせてもらいました。
(今もVODは稼げますが。)

ですが、Googleは常に進化しているので、最近では本当にユーザーのためになる記事しか上がらなくなっている傾向が強いです。

つまり、しっかりユーザーに価値提供していかないと稼げないということ。

そのためにしっかり時間をかけてリサーチしたり、より伝わりやすい文章を書いたり、時には信頼を得るためのブランディングをしたりと、個人でいろいろやっていかなくてはいけないわけで、そういう意味ではただの日記のようなブログはオワコンかなと思います。

岡田
岡田
個人的に「オワコン」って言葉は好きではないのでもう少し具体的に言うと、ただ記事を書いているだけでは稼げないってことですね。

本当のオワコンはオワコンを鵜呑みにして思考停止する人

ここで僕が1番問題だと感じているのは、「ブログはオワコン」というのが事実かどうかということよりも、それを鵜呑みにして行動できずにいる人たちです。

最近は「インフルエンサー」と呼ばれる影響力のあるブロガーやYouTuberが目立ちますが、彼らは人より先に行動するからインフルエンサーなんです。

なので、彼らの言うことを鵜呑みにしてやれブログだ、やれYouTubeだと目移りして中途半端に手を出していては、永遠に稼げるようになりません

ただ彼らの情報商材を買う良いお客さんになって終わりです。

岡田
岡田
ブログもYouTubeもどちらも稼げますが、どっちもそんなに楽なものではないですからね。

集中して本気でやらないと成果は出ないです。

また、個人的には「YouTubeがいいよ」っていうのを聞いて「なるほど!これからはYouTubeが来るのか!よし!動画撮るぞ!」って行動する人はまだいいと思っています。

すぐに行動できるのは素晴らしいことなので。

じゃなくて1番問題なのは、「ブログやろうと思ったけどオワコンなのかぁ…」「仮装通貨はもう稼げないのかな?」「YouTubeって難しそう。結局Googleに依存してるし大丈夫なのかなぁ?」といった感じで、迷ってしまって何もしないことです。

当たり前ですが行動しないと100%稼げないので、多くの情報に惑わされて、結果何も出来なくなるのが1番もったいないなといつも感じています。

ではこれからブログで稼ぎたい人はどうすればいいのか

というわけで、「ブログはオワコンじゃないけど楽しては稼げないよ」という風なことを書いてきました。

楽して稼げないのはYouTubeも同じですし、Googleにプラットフォームを依存している点もブログと同じです。

「じゃあこれから稼ぎたい人はどうすればいいの?」って感じだと思いますが、僕はブログ推しなのでブログに関して書いていきますね。

そもそも楽して稼ぎ続けられる方法は無い

まず大前提として、楽して稼ぎ続けられる方法は無いというところを本当の意味で押さえておいてほしいと思います。

そんなことはみんなわかっているとは思いますが、「楽して~」とか、「1日10分の作業で~」とか、「1クリックで~」というキャッチコピーに引っかかってしまう人が多いということは、心のどこかで「この方法なら楽して稼げるんじゃないか?」と期待してしまっているということです。

そうじゃなくて、「楽しては稼げない!」と本当の意味で理解しましょう。

岡田
岡田
確かに一時的に楽して稼ぐ方法は無くはないんですが、そんなものはすぐに飽和してしまい、稼ぎ続けることは出来ません。

稼ぐ=価値提供

ブログであれYouTubeであれ、稼ぐためにはしっかりとユーザーに価値提供していかなければいけません。

一見フザけているように見えるYouTuberも、面白い動画で僕たちに価値を提供しているから、多くの人が見てくれて広告費で稼げているわけです。

岡田
岡田
普通にあの人たちめっちゃ戦略練って動画撮ってますし、めっちゃ働いてますからね。

プロだなと思います。

なので、記事を書く際も自分の好きなことを書くのではなく、しっかりとユーザーが求めている答えを書いていかなくてはいけません

Googleのみに依存するのは危険

価値提供することは大前提として、ブログのみでそれをやっていくのはリスクが高いかなと思います。

2018年は影響を受けた人も多いと思いますが、Googleの検索順位を決めるアルゴリズムがたびたび変動し、一瞬にして収入が100万以上下がったアフィリエイターさんも少なくありません。

YouTubeにしてもアカウントを停止されたら終わりですし、それはTwitterでもFacebookでも同じことが言えます。

なので、最大限にリスクを減らすために、ブログジャンルの分散、プラットフォームの分散は最低限やっていく必要があるかなと思いますね。

もっと言うと稼ぎ方についても、教材販売やコンサル、リアルビジネスなど、様々な収入の柱を持っておいたほうが安全です。

1つずつ着実に、でも歩みは止めず

まとめ
  • Googleの市場は伸び続けているし、テキストコンテンツの強みもあるのでブログはまだまだオワコンでは無い
  • 仮にブログがオワコンになっても、ブログで稼ぐスキルは他ジャンルでも応用できる
  • ただし、ひと昔前よりもブログで稼ぐ難易度は上がっている
  • 「ブログはオワコン」というネガティブな情報だけを鵜呑みにして、目移りしたり行動できない人が1番やばい
  • 「楽して稼ぐ方法は無い」と理解し、しっかり価値提供していくのが稼ぐ1番の近道
  • 1つのプラットフォームや収入源に依存するのは危険なので、リスク分散は行っていくべき

最終的にはいろいろ稼ぐ柱を増やしていったほうがいいですが、初心者の場合はまず1つのことを極めていくのが最終的に成果が出るのも早いです。

リスク分散を考えていろいろ手を出しすぎて、全てが中途半端になってしまっては本末転倒ですからね。

逆に1つのことである程度成果が出ると、お金的にも余裕が出来てついだらけたりしてしまいがちですが、そこで調子に乗らず、しっかりとリスク分散のため次の柱を作っていきましょう。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。