パソコン・スマホ

Windows10のChromeで応答なしが頻繁に起きる場合の対処法

クローム 応答なし
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。

Windows10のアップデート以降、クロームが急に重くなり、「応答なし」と固まってしまうことが増えました。

もしくはクロームのバージョンを最新版に更新したせいか、原因はわかりませんが、パソコンが重いと作業効率も落ちますし、やる気が削がれるので大問題です…。

というわけで、対処法を調べたところ、一瞬で解決したので今回はその方法をシェアしたいと思います。

Flash Playerを無効にする

僕の場合はFlash Playerを無効にしたら解決しました!

クローム アドレスバー

やり方はまずアドレスバーに「chrome://plugins」と入力します。

Flash Player 無効

「Flash Player」と名の付くものの「無効にする」をクリック。

僕は1つしかありませんが、複数ある場合は全て無効にしてください。

岡田
岡田
ちなみに、Flash Playerをずっと無効にしていては別の不具合が出てくるので、無効にした後、またすぐに有効化してもらって大丈夫です。

たったこれだけで応答なし頻発がなくなりました。

SuperFetchを無効にする

※11/14追記

Flash Playerを無効にしたら改善されたと思ったんですが、数日後また「応答なし」が発生しました…。

以前より頻繁では無くなりましたが、他の解決方法を調べてみたのでご紹介しておきます。

SuperFetchとは?

「Windows SuperFetch(スーパーフェッチ)」とは、よく使うファイルやアプリをメモリにキャッシュするWindowsの機能。

これを無効化することで、動作が軽くなるんじゃないかと。

Windows10でSuperFetchを無効化する方法

Windows10 メニュー

「Windowsキー」と「X」を同時に押しとメニューが出てくるので、「コンピュータの管理」をクリック。

サービスとアプリケーション

「サービスとアプリケーション」をクリック。

サービス

「サービス」をクリック。

サービス SuperFetch

「SuperFetch」をクリック。

SuperFetch プロパティ

「スタートアップの種類」を「無効」にして「OK」をクリック。

これでSuperFetchを無効にすることが出来ます。

他にもサービス・ソフトウェアが原因でクロームが重くなっている場合は、
こちらに書いてある方法を試せば改善されるかもしれません。

【Windows8、Windows10】タスクマネージャーのディスク使用率が100%になる

それでも解決しなかった場合は

上記方法で解決しなかった場合は、

  • ページを再読み込みする
  • 他のタブを全て閉じる
  • 再起動する

この3つを試してみてください。

それでもうまくいかない場合は、そもそもPCのメモリが少なすぎたり、ネット回線が重い可能性があるので、メモリを増やすか、ネット環境を見直したほうがいいかもしれません。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。