お金

PayPay(ペイペイ)で不正利用されていないか確認する方法

ペイペイ 不正利用
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。

100億円キャッシュバックキャンペーンで話題になった「PayPay(ペイペイ)」。

スマホのQRコードで決済できるのが特徴ですが、その手軽さゆえにクレジットカード情報を不正利用されるという問題が起きています。

PayPay(ペイペイ)を利用していなくても被害に遭う可能性があるということで、僕も慌てて自分のクレジットカードをチェックしました。

この記事では、クレジットカードを不正利用されていないかのチェック方法と対策をご紹介します。

PayPay(ペイペイ)不正利用の手口

まず、なぜPayPay(ペイペイ)からクレジットカード情報が盗まれるのかという点ですが、PayPay(ペイペイ)は手軽さを追求したからなのか、カード情報登録の際に3桁のセキュリティコードを何度間違えてもロックがかからない仕組みになっていたんです。

なので、クレジットカード情報を不正に入手してしまえば、正しいセキュリティコードに当たるまで手あたり次第試すことが出来、勝手にクレジットカードを使われてしまうということなんですね。

岡田
岡田
このクレジットカード情報自体は闇サイトで売られていたと言われています。

問題なのは、PayPay(ペイペイ)を利用していなくても不正利用の被害に遭う可能性があるということ。

カード情報さえ知ってしまえば、そのクレジットカードを自分のものとしてPayPay(ペイペイ)に登録されてしまうので。

ちなみに、現在はセキュリティコードを複数回間違えると制限がかかるよう仕様変更されたみたいです。

PayPay(ペイペイ)で不正利用されていないか確認する方法

ここで気になるのが、「自分のクレジットカードは大丈夫だろうか?」ということだと思いますが、こればかりは自分でクレジットカードの明細を確認するしかないですね。

そこで身に覚えの無い請求があれば、クレジットカード会社に問い合わせましょう。

岡田
岡田
もし不正利用されていた場合は、PayPay(ペイペイ)かカード会社、どちらが補償するのかは現在協議中とのことです。

自分の身は自分で守ろう

まとめ
  • PayPay(ペイペイ)を使っていなくてもクレジットカードを不正利用される危険性がある
  • 不正利用を確かめるには自分でクレジットカードの明細を確認するしかない
  • もし不正利用されていた場合はクレジットカード会社へ連絡を

100億円還元という広告はとてもキャッチーで、実際お得だしSNSを中心にすごく盛り上がっていたPayPay(ペイペイ)。

個人的には賢い戦略だなぁと思って見てたんですが、今回の件は想定外だったでしょうね…。

新しいシステムには必ず穴があり、そこにつけこんだ犯罪も起きやすいです。

企業に任せているだけではこのような時に対応できないので、自分の身は自分で守れるよう、ネットリテラシーを高く持っておきたいですね。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。