ブログ

WordPress5.0の使いにくいエディタを元に戻す方法

WordPress5.0 エディタ
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。

WordPress5.0からエディタが一気に変わり、「使いにづらくなった」とすごく評判が悪いです。

僕もいろんな方の投稿を見て不用意にワードプレスを更新しないよう気をつけていたんですが、この間「不具合が起きた原因はワードプレスのバージョンか?」と思いついに5.0に更新してしまいました。
(結果的に不具合の原因はプラグインだったんですが…。)

で、いざ記事を書こうと投稿画面にいくと、エディタがまぁ使いにくい!

そこで今回は、同じように旧エディタからワードプレスを5.0に更新してしまった方のために、昔のエディタに戻す方法をまとめておきたいと思います。

WordPress5.0のエディタ

WordPress5.0 エディタ

ちなみにWordPress5.0のエディタはこんな感じ。

従来のエディタと比較すると大きく変わりましたよね。

岡田
岡田
僕も何とか慣れようといったんこのエディタで記事を書こうとしたんですが、かなり使いづらくてすぐに挫折しました…。

WordPress5.0のエディタを元に戻す方法

WordPress5.0のエディアを元に戻すには「Classic Editor」というプラグインを使うのが簡単です。

Classic Editor

「プラグイン」→「新規追加」から「Classic Editor」と検索し、インストールして有効化するだけでOK。

旧エディタ

それだけでこのように旧エディタに戻ります。

現段階では旧エディタに軍配か

一瞬でしたがWordPress5.0の新エディタを使ってみた結果、「慣れている」というのを抜きにしても、圧倒的に旧エディタのほうが使いやすいなと感じました。

昔のエディタに慣れている方はWordPressは手動更新しないこと。
ひとまずはこれに尽きますね。

もし何らかの理由で更新を余儀なくされた場合は、「Classic Editor」というプラグインを使って従来のエディタに戻して使うのが早いかなと思います。

ただ、WordPressサイドが新しく実装したエディタ(「Gutenberg」と言う名前らしいです)ということで、今後こちらが主流になっていく可能性が高い。

そう考えると、特に今から始める方は新エディタに慣れておいたほうがいいのかなと思います。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。