SEO対策

サーチコンソールの登録方法・WordPressでXMLサイトマップを送信する手順

サーチコンソール 登録

どーも、岡田(@dang0821)です。

WordPressでブログを開設できたら、まずやっておきたい初期設定の1つに「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」への登録があります。

この記事では、「サーチコンソールって何?」という疑問から、その登録手順までを画像付きで詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

サーチコンソールとは?

「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」とは、Googleが提供しているサービスで、Googleの検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視・管理できるサービスです。

サーチコンソールで出来ること
  • Googleに自分のサイトの記事を知らせる
  • 検索結果に表示したくない記事を削除する
  • 記事にアクセス出来ない等のエラーを確認する
  • セキュリティ上の問題があるかを確認する
  • 記事がどういったキーワードで検索されているのかを調べる

※一部

サーチコンソールに登録するメリットとして、個人的に特に大きいと思う2点を下記でお話していきますね。

Googleに自分のサイトを知らせる

まず、ブログを開設した時点ではGoogleにその存在は認知されていません。

なので、良い記事を書いても検索エンジン上にあなたの記事が載ることは無いんです。

そこで、サーチコンソールに登録して、「僕はこんなブログやってますよー」とGoogleさんに送信することで、クローラーというロボットがあなたのサイトを巡回してくれて、徐々に検索エンジンにインデックスされる(=Googleの検索結果にあなたの記事が表示される)ようになります。

岡田
岡田
サーチコンソールに登録してなくても時間が経てばインデックスはされますが、特に最初のうちはやっておいたほうがいいと思います。

アクセス解析が出来る

アクセス解析は僕はGoogleアナリティクスを推奨していますが、サーチコンソールでもどういったキーワードで検索されているのかを知ることが出来ます。

  • どういったキーワードで検索されているか
  • そのキーワードでは平均何位にいるか
  • そのキーワードで検索した人の何割がクリックしているか
  • 特定の記事にどのようなキーワードで検索されてアクセスが来ているか

などなど、アナリティクスよりも詳しくわかる部分もあるので、合わせて登録しておくといいと思います。

サーチコンソールの登録手順

では、ここからはサーチコンソールの登録手順を解説していきますね。

サーチコンソール 今すぐ開始

まず、上記からサーチコンソールへアクセスし、「今すぐ開始」をクリック。

Googleアカウント

開始するにはGoogleアカウントが必要になるので、メールアドレスを入力してログインするか、持ってない場合は「アカウントを作成」からGoogleアカウントを作成してください。

サーチコンソール プロパティを追加

サーチコンソールにログイン出来たら左側のメニューから「プロパティを追加」をクリック。

※上記画像はすでにサーチコンソールに何個かのサイトを登録している状態で新たに追加した時のものですが、新規で登録する際も大きく手順は異ならないと思います。

サーチコンソール プロパティを追加

追加したいサイトのURLを入力して「続行」をクリック。

サーチコンソール アナリティクス

この時、ブログの所有権を確認する必要があるんですが、あらかじめアナリティクスに登録しておくことでスムーズにいけます。

あわせて読みたい
analytics...

XMLサイトマップを送信する

これでサーチコンソールにあなたのサイトを追加することが出来ましたが、もう1つやっておくことがあります。

それは「XMLサイトマップの送信」。

「XMLサイトマップ」とはGoogle向けのサイトマップのことで、ざっくり言うとGoogleに向けて「僕のブログにはこんな記事があるよー」を知らせるためのものになります。

このXMLサイトマップを送信することによって、Googleにあなたのブログを認知してもらい、検索結果に反映されるのを早める効果があります。

岡田
岡田
こちらも送信しなくてもそのうちインデックスはされますが、特に最初のうちはやっておいたほうがいいでしょう。

で、まずはXMLサイトマップを作成する必要があるんですが、これは「Google XML Sitemaps」というプラグインで簡単に作成できます。

プラグイン インストール

WordPressのダッシュボードの左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」と進み、検索窓で「Google XML Sitemaps」と調べて、出てきたものをインストールして有効化すれば、それだけでXMLサイトマップは完成となります。

サイトマップ 送信

XMLサイトマップが作れたらサーチコンソールに戻り、左側のメニューの「サイトマップ」をクリック。

新しいサイトマップの追加というところに「あなたのブログのURL/sitemap.xml」と入力し、「送信」を押せば完了です。

サイトマップ送信 成功

こんな感じでステータスのところが「成功しました」になっていれば問題ありません。

岡田
岡田
何か僕の場合は一時的に「取得できませんでした」ってなったんですが、ページを更新すれば成功に変わりました。

サーチコンソールに登録しただけでは意味が無い

まとめ
  • サーチコンソールとはGoogleの検索結果での自分のサイトのパフォーマンスを知ることが出来るサービス
  • サーチコンソールではGoogleにインデックスの要求をしたり、どういったキーワードで自分の記事が検索されているかを調べたり出来る
  • サーチコンソールに登録したら、XMLサイトマップを作って送信しよう

サーチコンソールではエラーページを見つけたり、どのようなクエリで検索されているかを調べたり、アクセスアップのためにいろいろな分析が出来ます。

サーチコンソールに登録したら終わりではなく、定期的にデータを元にトライ&エラーを行っていくことで、初めて効果を発揮するので、そこは覚えておいてくださいね。

【社畜が会社を辞めたら月収100万稼げた話】
  • 世間に勧められるまま就職したら、そこはとんでもないブラック企業だった…。
  • 最悪の事件をきっかけに会社を辞職
  • 元社畜が雇われずに月収100万円を達成した方法とは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。